キーワードの出現率を細かく設定するのは大変。大体で構わない?

キーワードの出現率によって、順位が大きく変化することはありません。
この出現率の目的は、検索エンジンにページのテーマを把握してもらうところです。

文章の中に、重要キーワードよりも、どうでもいいキーワードの出現率のほうが多かった場合、検索エンジンに、そのどうでもいいキーワードのほうがテーマだと判断されてしまっては意味がありません。
なので、キーワードの出現率を細かく設定する必要はありませんが、大切なのは、他のキーワードとの相対的な量を意識し、ページ内でもっとも出現率が多くなるように調整することです。


【キーワード出現率の設定方法のポイント】

■ページ内の総単語を500語以上にする
ここでは500語とお伝えしておりますが、これはあくまで目安であり、その数にとらわれる必要はありません。
ただし、それに相当した文字数があったほうが、検索エンジンに有利であると言えるでしょう。

■ページ内で重要なキーワードを複数回使用する
1ページに総単語数が500語あるとした場合、1ページに20回程度の重要キーワードを含めると良いでしょう。
総単語数と出現率を厳密に調整する必要はありませんが、あくまで複数回、一定量の数を含めることが大切です。
また、あくまで自然にキーワードを含めることが大切であり、不自然な文章にならないよう気を付けたいところですね。

■ページの総単語数の状況に応じて複数キーワードを設定する
むやみに文章を長くし、キーワードを含めるのもよくありません。
総単語数が少なければ、キーワード出現率を高く設定したり、逆に総単語数が多ければ、キーワード出現率を低く設定するといった具合に、ケースに応じた調整を行うことも大切です。

101jav.com